2007年02月19日

夏の終わりはいつも 歌詞 〜やけっぱちの8月31日

この曲を作ったのは、別に夏ではなかったのですが、
彼女もできなかった夏休み最後、
8月31日に一人でヤケになって江ノ島へ行く...
の図を想像して、その主人公になりきって作って、
ビーチボーイズ・エキスを振りかけたら、こうなりました。
ずいぶん古い曲ですが、好きな曲であります。


夏の終わりはいつも
              
詞・曲 いしはらとしひろ
 

夏の終わりはいつも突然に 

僕に黙ってやってくる

やり残したことばかり 

目の前を あざ笑いながら 

通りすぎてく

 

夏の終わりはいつも奪ってく 

勘違いの恋も情けない嘘も

浮かれているだけで許される 

大好きな夏が終わってく

 

 麦わら帽子 風に飛ばされたよ

 波たつ海  もう泳げない

 虫とり網   破れたまんまで

 夏の抜け殻を 二人で埋めにゆこう

タグ:
posted by いしはら としひろ at 20:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の終わりはいつも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34142839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。